歴史・小説・スポーツ・実用書など、趣味で読んだ本の評価・感想を紹介するブログです。

落語って、こんなハナシ / 春風亭 昇太

2022/01/09
この記事を書いている人 - WRITER -

点数

73点

感想

「落語とはなにか」が書いてあったが、内容が薄かった。

自分でもっと調べる必要があると思う。

落語の語源

オチのある噺⇒落とし噺⇒落語

上下(かみしも)を切る

ある人物のときに右を向いて喋りかけたら、もう一方の人物のときは左を向いて受けるなど、首や体の角度を変えて複数の人間のやりとりを表現している。

これは「上下(かみしも)を切る」という基本的な技法のひとつ。

新作落語

新作落語といっても、時代設定が江戸というものも珍しくない。
噺の内容ではなく、書かれた時代によって古典と新作に分けられている。

一応、昭和に入ってから創作されたものを新作落語としているものの、いつからが新作かというと明確な線引きはなく、境界線は曖昧なものになっている。

上方落語と江戸落語

大阪の落語は上方落語、東京の落語は江戸落語、ともいう。
上方落語の「時うどん」は三代目柳家小さん師匠が東京で話すときにそばに変えたことで、東京では「時そば」として定着した。

芝浜のあらすじ

  1. 働かない亭主が大金の入った財布を拾った。浮かれた亭主は泥酔して寝てしまう。
  2. 女房は翌朝、すべては夢だったと嘘をつく。
  3. その後、亭主は酒を絶ち真面目に働くようになる。
  4. 3年後、女房が真実を告げると、亭主は礼を言った。女房が酒を勧めると「また夢になるといけねぇ」と杯を置いた。

【新しい記事】

【古い記事】

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 上尾市民による書評ブログ , 2022 All Rights Reserved.