歴史・小説・スポーツ・実用書など、趣味で読んだ本の評価・感想を紹介するブログです。

歴史街道2021年6月号 幕末京都の真実

2022/01/30
この記事を書いている人 - WRITER -

点数

71点

感想

1863年8月18日の政変で長州が京都から追い出されてから1868年に鳥羽・伏見の戦いが始まるまでの5年間、京都ではさまざまなことが起こったということがよくわかる内容だった。
途中までは徳川慶喜が優勢だったのに、一気に崩れていった印象。

後半の後半のルンガ沖海戦も、なかなか面白い内容だった。

ルンガ沖海戦

  • 田中頼三少将が率いる第二水雷戦隊は、駆逐艦8隻でガダルカナル島へ物資を届けるよう命じられた。
  • ドラム缶をロープで数珠繋ぎにし、ガダルカナル海岸近くで海に投下するという任務であった。
  • しかし、途中で待ち受けていたアメリカ艦隊と交戦、勝利したが任務は遂行できなかった。
  • アメリカは田中に高評価を与えているが、海軍上層部は「輸送任務を果たさなかったうえ、後方から指揮して真っ先に退避した」と酷評し田中を司令官から解任した。

【新しい記事】

【古い記事】

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 上尾市民による書評ブログ , 2022 All Rights Reserved.