悪の出世学 / 中川 右介

2021/05/02
この記事を書いている人 - WRITER -

点数

72点

感想

序盤のスターリンとヒトラーの生い立ちは面白かった。

途中からは政党の話が多くなり、つまらなかった。

情報を重要視したレーニン

組織において何よりも重要なのが「情報」だと見抜いていた点で、レーニンには先見の明があった。

ソヴィエト共産党の党本部の建物もない頃から、イスクラという新聞を発行していた。

ビジネスにおいても、立派な社屋などなくても事業ができるという、見本ともいえる。

【新しい記事】

【古い記事】

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 上尾市民による書評ブログ , 2021 All Rights Reserved.