歴史・小説・スポーツ・実用書など、趣味で読んだ本の評価・感想を紹介するブログです。

新選組 幕末の青嵐 / 木内 昇

2022/02/22
この記事を書いている人 - WRITER -

点数

83点

感想

新撰組結成前から鳥羽伏見の戦いまでが描かれていた。

1つの暗殺事件が暗殺する側とされる側の両方の視点で表現されているなど、複数人の視点で時間が少しずつ進んでいくという構成が面白かった。

登場人物では、調子いいことばかり言っているが内心では真逆のことを思っているという武田観柳斎が面白かった。

【新しい記事】

【古い記事】

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 上尾市民による書評ブログ , 2022 All Rights Reserved.