ことことこーこ / 阿川 佐和子

2020/11/27
この記事を書いている人 - WRITER -

点数

80点

感想

読みやすく、面白かった。

内容が母親の認知症ということで、いろいろ考えさせられることが多かった。
たまにある母の視点からの描写が面白かった。

母親は発言などがユーモアで可愛らしい女性であり、そんな人が呆けてしまうというのは読んでいてツライ。
母と父の写真を置いて庭の縁側でお花見をする場面がほのぼのしてよかった。

最後、母が娘の名前を言えたことで娘が涙した場面は、切ない気持ちになった。

あらすじ

母の琴子が呆けていく様子を、娘香子の視点から描かれていた。

最終的には、母は老人ホームに入り、家は売却された。

【新しい記事】

【古い記事】

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 上尾市民による書評ブログ , 2020 All Rights Reserved.