歴史・小説・スポーツ・実用書など、趣味で読んだ本の評価・感想を紹介するブログです。

不屈の心 / 上原 浩治

2020/07/12
この記事を書いている人 - WRITER -

点数

72点

感想

あまり面白くなかった。
メジャーリーグ挑戦から日本球界に復帰し引退するまでのことを中心に書かれていた。
年齢を重ねるとともに怪我との戦いが大変になってくる、と感じる内容だった。

中継ぎと抑えでは役割が違う

中継ぎは自分が降板した後も試合は続いていくため、できる限り失点を防がなければいけない。一方、抑えはリードを保って試合を終えることが大事なので、2,3点リードしているのであればゼロに抑える必要はない。

極論をいえば、抑えに防御率の良し悪しは関係ない。
大事なのはセーブ成功率である。

評価は数字だけで決まるものではない

同じ結果を残しても一生懸命やってきた人は評価が高く、テキトーにやってきた人は評価が低くなるのは当然である。

後悔しないために

「自分はできる限りのことをやってきたのか」
「本当は手を抜いてしまったのではないか」
そのような自分自身の問いかけに、しっかりと答えられるかどうかが大事。

胸を張って「努力してきた」と言えるなら、たとえ怪我をしてしまっても前向きに切り替えることができる。

【新しい記事】

【古い記事】

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 上尾市民による書評ブログ , 2020 All Rights Reserved.